紀楽庵トップ

 

No.238 今岡町直造 緑釉辰砂窯変丸鉢

本名は同じです、大正14年、東京都生まれ、物故作家、東京都小平市に開窯、昭和47年に静岡県伊東市に移転「かまぐれ窯」開窯、氏の影響で鉢作家になられた方は大変多く、業界発展の貢献は多大、辰砂流し、青磁、白磁、大貫入、梅花皮(かいらぎ)釉等の名品を残しております。

淡い緑釉に辰砂の窯変が,この鉢を一段と映え得る景色のポイントになっております。又,大小の貫入が全体に見られよく使い込まれて時代感のある素晴らしい一品です。貫入とニューの区別の付かない方はご遠慮下さい。約4.2×4.2×3.8cm。無傷完品。

正面から。

 

裏面から。落款 町。

反対面から。
12,000円 No.238 今岡町直造 緑釉辰砂窯変丸鉢
寸法:約3.7×3.7×2.8cm。

ご注文は、e-mailに以下の内容を明記し、masa@graph-art.comにお送り下さい。

1. お名前
2. ご住所(郵便番号を明記)
3. 電話番号
4. お支払い方法(別記参照)
5. 注文する商品ナンバーと商品名(以下の表をご参考下さい)